革職人厳選レザークラフトツール

コバ塗りローラーPro 替えメッシュ/アルミローラー2種類付

市場にはさまざまなコバ塗り補助やローラーがあります。

見たことがある方も、すでに使っておられる方もいらっしゃると思います。
コバ塗りのローラーはどれも同じなのでしょうか?
もちろんそれぞれの特性があります。

革道楽MIYAZOはいろいろなコバ塗りグッズを試しております。
実はコバ仕上げの時に指先にちょっと付けると便利だし、湿らせたウエスを準備しておけば拭き取れるしと思っていました。
透明なCMCならまぁまぁこの方法でいけると思います。

しかしながら、リスペクトしている職人さんの方法は…なるほどなぁと思うものです。
学習ノリの容器におそらく透明なトコノールやCMCなどを入れて、ポンポンと叩く感じで付ける方法を公開してくださっています。これはいい方法でお勧めできます。
この職人さんの知恵と寛大に公開してくださることに驚きを感じます。

MIYAZOはトコノールの茶が好きで…愛用しています。
ナチュラルのヌメ革(白肌タイプ)のコバに茶のトコノール…仕上がりが締まる感じがします。
…でももうお分かりですよね。
…想像が付くと思います。

自分が思っている以上に不器用なのかもしれません。
…指先の感覚が鈍っているのかもしれません。
…あちこちに付いてしまうのです。
…すごく気を使っているのに…どうしてとがっかりします。

焦って手元にあるウエスで拭き取ると、ウエスに付いた茶色でさらに汚したりして…もう終わりです。
ナチュラルのヌメ革(白肌タイプ)のコバに茶のトコノール…確かに合います。
だからこそ…シミになったら隠し切れないのです。

そんな時に見つけた…カラフルなコバ塗りローラーペン。
宣伝文句にはこうあります。

「高品質な超小型ベアリングを内臓されていることで、ギザギザ溝のローラーは滑らかに回ります。ギザギザローラーに少量のニスを塗って塗りたい場所に転がるだけで、複雑な作業なく誰にでもむらなくプロ並みの綺麗な仕上がりが実現できます 」

おそらくこの宣伝を書いた方は、その商品を使ったことがないのかなぁと思ったりもします。
確かに指の上を撫でれば転がりますけど、製作作業は現場で行われているのです。
比較写真からもわかるように確かに超小型のベアリングが内蔵されてはいますが、滑らかとは言えないように思います。
(お尻側の蓋を回して外せば軸が見えますのので、軸をヤスリで滑らかにして、軸受けにグリス等を仕込めば、もうすこし滑らかになると思います)

いずれにしてもこの手のローラー系toolの基本は、回転が滑らかであることです。
しかも使っているうちに、液体が軸を伝わってベアリングに入ることも多々あるのです。
ですから、プロ並みの奇麗な仕上がりは実現できないと思われます。

いろんなコバ塗り器やローラーペンなどを試して、遂に人様に紹介できると思っているのが、このコバ塗ローラーPro。
(Topの写真をクリックしていただければ全体像が見えます)
あえてProと付けたのは、他の商品 (カラフルローラー
など)と区別するためです。

一般的なコバ塗りローラーペンは、ギザギザ溝のローラー仕様です。
もちろんこれはこれで必要な場所があります。

このコバ塗ローラーのペン先はステンレスのメッシュを使用しているため、コバ用液体をメッシュの中に含ませて、塗る時ペン先をコバ面に転がしながら均一に塗ることができます。

しかも取り外しができます。使用後に洗ってきれいにすることができます。
水性系の液体の場合、水洗いだけでもきれいにできると思いますが、MIYAZOは顔料系を使うこともあります。
それで、あらかじめ用意した薄め液(シンナー系)の瓶の中に…使い終ったら外して入れておきます。
次に使う時には…そこから取り出して洗いあがったかのようなメッシュヘッドを使用しています。

もう一つの特徴は、大きめのベアリングが軸の前後に付いていることです。
写真からも確認していただくことができると思います。
これが滑らかな回転を維持する仕様です。
しかも、軸から伝わった液体がベアリングに入らないように保護のパッキンが付いてます。

またこのローラProは軸が少し長いことにお気づきだと思います。
意外にこれは大事なことだと思います。
MIYAZOは様々な色と種類のコバ仕上げ材を使っていますが、小さい瓶なので口が小さいことが多いのです。
しかも軸が短いとコバ塗りローラーの本体も汚してしまいますし。
これらの特徴も、人様にお勧めできる理由となっています。

実は、メッシュ仕様のもう1種類のローラーペンも試しました。こちらは回転の滑らかさの点では素晴らしいものがあります。
またメッシュの取り外しが簡単で、2種類のメッシュ付きです。
ただし、メッシュは外せるのですが、プラスチックと一体式なので、私のように薄め液に漬けて洗うと、プラスチックが溶けてしまいます。
また先端が太いので、瓶の口に入りずらいですし、本体をやはり汚してしまいます。
しかも別売りのメッシュヘッドのみは、買うことができないようです。

いずれにしても、コバ塗りローラー系のtoolはたくさんありますので、用途や予算に合わせて選ぶといいと思います。

コバ塗ローラーPro本体 (予めメッシュタイプのヘッドが装着されてあります)
ですから付属品は交換用メッシュタイプのヘッド1つ
ギザギザタイプのヘッド1つとなります。


メッシュタイプのは歪みやすいので、本体に取り付ける時に形を整えて装着してくださると助かります。

注)
以前は2つのメッシュを付けておりましたが、予備用の発売開始しましたので一つに減らして、その分価格を抑えました。


クリックポストでお送りできます。

SOLD OUT

¥ 2,300

こちらの商品は完売いたしました。再入荷などについてこちらよりお問い合わせください。

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • クリックポスト

    郵便局のクリックポスト全国一律198円。厚みが3㎝以内なら発送できます。

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan ¥ 198
Report

Reviews of this shop

RELATED ITEMS