シリコンヘラ 三種 

接着剤を塗る時・・・ヘラか刷毛(筆を含む )を使うと思います。
ヘラも筆も価格的には安くて、簡単に交換できるので、軽視されがちな道具ですが、
必ず使う道具です。
エマルジョン系のサイビノールとか(俗に言う木工用ボンド)を使っていましたが、今はあまり使わなくなりました。というか当時それしか知らなかったのです。

接着剤ボンドに求める性能もそれぞれ好みがあると思いますが、あくまでも用途によるかもしれません。
用途…なんてあまり深く考えないのが普通かもしれませんが、実はコバの仕上がりに影響するのです。
サイビノールはガッチリ接着されてコバに影響が少ないといえるかもしれません。
でもサイビノールとかだとガッチリ固まり過ぎで、修理する時に…無理やりはがす感じになり、私は好きではないのです。
修理の時に接着面の残りかすをきれいに取るのが面倒ですし。
しかも塗りすぎて銀面にはみ出したりして、せっかくのきれいなヌメを汚してしまうこともあります。これはもうがっかりです。
私の場合、穴の数さえ合っていれば、ボンドは必要ないと感じる時もあります。
ボンドは仮止め程度…と言う考え方の職人さんさえもおられます。


これは、シリコン樹脂製のヘラです。
シリコン樹脂は、撥水性に優れて、接着剤が剥がしやすいです。私は指先で軽く剥がします。
ゴム系であれ、サイビノール系であれ、べりっと剥す時に…結構すっきりします。
刷毛の場合、木工ボンドを使ったとしても洗う必要がありますし、薄めたゴムのりを使った後に、シンナーで洗うのも手間です。

特に、このヘラの最大の利点は適度な弾力性があることです。
ですから接着剤を薄く塗ることができます。
流通しているのりヘラは…弾力性はないです。でもCMCとか床処理に向いていると思います。

ヘリ返しや、コバなど細かい部分に、ごく少量の塗布も可能なので、かなり重宝します。
もちろん、二枚合わせのベルトを張り合わせるような時には…小さすぎるかもれません。

写真で比較していただくことができますが、私は用途に合わせて先端を小さくしてます。
もちろん人それぞれの好みがありますので、三種類のヘラを紹介します。

①長さ120mm ヘラ幅15mm長方形    写真2枚目の商品一本の値段
②長さ160mm ヘラ幅34mm台形     写真3枚目の商品一本の値段
③長さ188mm ヘラ底辺18mm*34mm菱型 写真4枚目の商品一本の値段
いずれも適度な弾力性があります。

数が限られてますので、お買い物のついでにどうぞ。


¥ 275

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパックライト

    全国一律 370円
通報する

RELATED ITEMS