革職人厳選レザークラフトツール

ISVARAヨーロッパ目打ち 4.0mm2刃+5刃 2本set

ISVARAヨーロッパ目打ち  4.0mm2+5刃

これもMIYAZOチームが見つけてきたおそらく無名のメーカーですが…個性が際立っております。
もう見た瞬間メーカーに納期確認の連絡を入れて…ポチってました。
待つこと数か月…手にした瞬間なんだこれはという品質でした。
加工精度もここまでくるのかという感想です。

日立金属の特殊鋼を採用し、HRC58という硬さと粘りを持っています。
特に持ち手の中心に細長穴が開いてありますが、これは単なるデザインだけではありませんでした。

この細長縦穴は目打ちの重心をヘッドの先端から刃先に向けて下げるという意図があるようです。
また目打ちの表面の加工がザラザラした仕上げで
滑り止めに寄与しています。
メーカーに問い合わせ所、もし汚れなどが気になる場合には、オイルを入れて少し磨くといい
とのことでした。

目打ち全体の身長は120mm/鋼の厚みは8mmです。
ですから目打ちの身長としては平均的な大きさです。

特徴は…刃幅とその仕上げ。
最近刃先の刃幅についてのお問合せが多くなってきました。

例えば、YORKSHINEヨーロッパ目打ちの3.38mmの刃幅は1.9mm弱です。
岩田屋さんヨーロッパ目打ちの9本目(3.79mm)の刃先は2.2mmです。
ですからYORKSHINEの2.0mm前後で十分という気がしますが、もう少し細い刃幅を望まれる方もいらっしゃいます。
このISVARAヨーロッパ目打ちは…何と1.85mmが公式の数字です。
もちろんこれは、先端の先端の刃幅の数字で実際にはもう少し太いと思います。
もちろん厚みのある革に無理してこのピッチで打ち込んで、無理やり引き抜くということは想定していないはずです。
(ちなみに今回入手できませんでしたが、もし2.7mmピッチを選ぶなら刃の先端幅は1.45mmに設定されてます)
MIYAZOが試しに穴を開けて縫い上げた感想ですが…穴が小さく開く割には縫いやすいです。
もちろん開けた後の抜けも申し分ないです。


ISVARAツール全般に言えまずか滑り止め加工により汚れが目立つ場合があります。
メーカー推薦のメンテナンス方法は時々油で表面を拭き取ることです。
なお梱包に使われている箱などは輸送途中で歪みやすいです。
このあたりはメーカーとも何度もお話合いております。
出荷時は正常という認識でも、長旅で箱は歪みます。
また箱の中のスポンジ等はあくまでもツール保護のための簡易的なものです。
この点でのご理解をいただけると助かります。
完璧な梱包を望まれる方はご遠慮くださいませ。
梱包の完全さよりも、tool素晴らしさに注目していただきたく思います。

この点で皆様にご理解をいただけていることに心から感謝いたします。
今回4.0mmピッチが入荷しました。
一般的な菱目/YORKSHINEの菱目4.0mm/Leatheskillerヨーロッパ目打ち4.0mmとの縫い目比較写真も、載せてありますので、参考になさってみてくださいませ。

3.38mmは2つ折りのお財布、長財布、小さめの鞄などの作製に向いていると思います。

4.0mm気になる方は要チェックだと思います。
また5.0mmご希望の方はお問い合わせくださいませ。

¥ 16,800

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • レターパックプラス

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan ¥ 520
Report

Reviews of this shop

RELATED ITEMS