革職人厳選レザークラフトツール

BLACKモールMax(兄妹モールの兄)

BLACKモールMax(兄妹モールの兄)

このBLACKモールMaxには特徴がいくつかあります。
見てすぐにお気づきの方や、YouTube動画の紹介ビデオをご覧になった方もおられるかもしれません。

トップが円筒形でしかもテーパーになっていることです。
カービングにおいて打刻精度は、製品の品質を大きく左右する最も重要な工程ではないでしょうか?
それでカービングをやる方だと、目的に合わせて重さ別に数本使用するという方もおられることでしょう。

トップがテーパーである利点は何かご存じでしょうか?
このテーパーによってモールを持つ時の腕の位置が少し低くなります。
バスケットスタンプの打刻などで長時間軽くたたく作業の時の疲れを軽減できます。
それでも妹モールに比べて重いですので、男性向けなのかもしれません。

実は兄妹モールのトップヘッドのナイロンの品質はそれぞれ若干異なるのです。
メーカーの説明によるとMaxモールのトップヘッドの材質は幾分固いので、強く深く打刻する助けになるよう設計されています。

一方mini(妹モール)はMax(兄モール)に比べると幾分弾力のあるヘッドになっています。
弾力があるということは…軽く小刻みに打刻する時の大きな助けになります。
もちろん妹モールでも菱目を打ったりするのには十分の重さがあると感じています。
女性のクラフターに特に優しい重さです。

また参考写真を載せておりますが、トップヘッドの先端に自分オリジナルの革を張り付けることができます。
MIYAZOは革巻き大好きなので、せっかくの固めのトップヘッドにも革を巻いてしまいました。
打刻音が少し柔らかくなると感じています。
(録音して皆様にも知っていただきたいと思いましたが、それほど区別がつきにくかったのでその動画はボツにいたしました。)

サイズ
長さ250mm/直径57mm/重さ570±10g/
持ち手の最大の太さは38mmです。

もちろん大まかなサイズも大切だと思いますが何より持ち手の太さのバランスがとても大切だと強く思います。
兄モールは妹モールと比べると太目の持ち手ですが、バランスがいいと思っています。

幸いMIYAZOは兄妹モール両方を使い比べることができますので…わかります。
使えば…あぁっ…なるほどとわかります。


長期間の使用でもモールが緩まないように、トップと持ち手の間に赤いパッキンが入れてあります。これがアクセントにもなりカッコイイBLACKモールのアクセントになっています。


今回の入荷は妹モールは2本のみです。
今後は未定です。
レターパックプラスで発送できます。

SOLD OUT

¥ 6,900

こちらの商品は完売いたしました。再入荷などについてこちらよりお問い合わせください。

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • レターパックプラス

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan ¥ 520
Report

Reviews of this shop

RELATED ITEMS