革職人厳選レザークラフトツール

SINCE ヨーロッパ目打ちSシリーズ  2本目5本目セット 遂に入荷

SINCE ヨーロッパ目打ちSシリーズ  2本目5本目の菱目セット 遂に来た

Sシリーズ…待ちわびておりました。
このBLACKフォルムにはたまらないカッコよさがあります。
今回は3.85mmの2+5刃のみです。
もちろんポイントガイドminiも付属しています。
YORKSHINEのヨーロッパ目打ちとの比較写真も掲載しております。
身長はYORKSHINEと同じ高さです。
たたじくびれの部分は少し小振りでシャープ。
縫い目の比較ですが、縫い糸はポリコードwax0.3mmです。
上から順番にYORKSHINE/3.85mm
      SINCE/3.85mm
YORKSHINE/3.38mm
SINCE/3.38mm


目打ち…Leatherクラフターの必需品です。
次に買い揃えるとしたら、
老舗の火打ち菱目打ちですか?
あるいはヨーロッパ目打ちですか?

日本では火造りの岩田屋、燧屋など
青紙鋼の菱目打ちが馴染み深いかもしれません。
岩田屋さんのは本当にいいです。
何セットも持っております。

台東区下谷のお店にも何度も通い、
オリジナルも作っていただきまきした。
切れ味は…自分でもかなり時間をかけて研いだので、
最近は抜けもよくなりました。

sinceではHERMESでお馴染みの
Vergez-Blanchard系列のステンレス鋼を
採用しています。
この目打ちはSKD11ステンレス鋼となります。
この鋼は寸法精度の維持、変形を防ぎ、
耐摩耗性においても優れているようです。

ブランチャードとは異なり、
丁寧にポリッシュ仕立てされていますので、
下ろしたての時から、多本目を 厚い革に使用しても
抜けがいいのが特徴です。

この点が職人気質の火打ち菱目との
大きな違いかと思います。

この質感の工具をすぐに手に出来るというのは、
時間を買ったのと同じです。
菱目を研ぐという時間を考えると、
新しい型紙を起こし試作しているほうが、
よっぽど楽しいです。

もちろん、菱目を研ぐためだけの道具を揃え、
知識と経験を積むことも財産になるかもれませんが、
金属加工となるとさらに敷居が高いですよね。

そうしたことを考えると、
sinceのヨーロッパ目打ちはとてもいい工具です。

革に負担をかけずに穴をあけられ、
刃通りが良いので、大きな音を立てずに、
穴あけ作業を行うことができます。

穴あけの騒音対策は、レザークラフトを楽しむ
ためのキーポイントですので。

ちなみにSINCEにはこのSシリーズとMシリーズという2種類のヨーロッパ目打ちが存在しております。
何が違うのかお問合せがあり…私も明確に説明していなかったことに気が付きました。
このページのSシリーズは鋼材としてSK11を採用してます。
ちなみに別ページのMシリーズは鋼材として440cを採用してます。
したがって色はシルバーです。

鋼材以外に目指したところについて、メーカーに質問してみました。
「Mシリーズは万人向けでバランス重視」。
「Sシリーズは外観の美しさを追求し、より上級志向のクラフターを対象」。

こちらは手縫いの穴開けに欠かせない
2本目と5本目のセットとなります。

¥ 17,800

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • レターパックプラス

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan ¥ 520
Report

Reviews of this shop

RELATED ITEMS